国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
総合イメージ

スタッフの紹介

田辺繁治
田辺繁治TANABE Shigeharu
国立民族学博物館・名誉教授
専門分野
各個研究
個人ホームページ

経歴

学歴
  • 京都大学文学部史学科卒(1970)
  • 京都大学大学院文学研究科修士課程修了(1972)
  • 京都大学大学院文学研究科博士課程退学(1974)
  • ロンドン大学大学院東洋アフリカ研究学院博士課程修了(1981)
職歴
  • 国立民族学博物館第二研究部助手(1974)
  • 国立民族学博物館第二研究部助教授(1978)
  • 国立民族学博物館第二研究部教授(1993)
  • 国立民族学博物館民族文化研究部教授(1998)
  • タイ国チェンマイ大学社会科学部客員教授(2000-2001)
  • 国立民族学博物館民族学研究開発センター教授(2002)
  • タイ国タマサート大学社会学人類学部客員教授(2002-2003)
  • 国立民族学博物館名誉教授(2004)
  • 大谷大学文学部教授(2004-2009)
  • 総合研究大学院大学名誉教授(2007)
学位
  • 文学修士(京都大学大学院文学研究科 1972)
  • Ph.D.(ロンドン大学大学院東洋アフリカ研究学院 1981)
  • [学位論文]
  • 1981 'Peasant farming systems in Thailand: a comparative study of rice cultivation and agricultural technology in Chiangmai and Ayutthaya', Ph.D. thesis, School of Oriental and African Studies, University of London, 2 Vols. 568+109pp.

専門分野

社会人類学

  1. 北タイの仏教および霊媒カルトの研究
  2. タイのHIV/AIDS自助グループの研究
  3. 実践知 (practical knowledge) の理論的研究
  4. 物質文化と消費の民族誌的研究

研究業績

著書
2008
『ケアのコミュニティ─北タイのエイズ自助グループが切り開くもの』岩波書店 215pp.
2008
Chumchon kap kan pokkhrong chiwayan: klum phu tit chuea et ai wi phak nuea khong thai (コミュニティと統治性―北部タイにおけるHIV感染者グループ), Bangkok: Sirindhorn Anthropology Centre, (9)+215pp. (タイ語)
2003
『生き方の人類学 ─ 実践とは何か』講談社現代新書 261pp.
1994
Ecology and Practical Technology: Peasant Farming Systems in Thailand, Bangkok: White Lotus, xx+300pp.
1986
Nung lueang nung dam: tamnan khong phunam chaona haeng lannathai(黄衣と黒衣─北部タイにおける農民指導者の物語), Bangkok: Sangsan Publishing House, ix+263pp. (第2版, チュラロンコーン大学出版, 2004) (タイ語)
編著書
2008
Imagining Communities in Thailand: Ethnographic Approaches, Chiang Mai: Mekong Press, 221pp.
1995
『アジアにおける宗教の再生-宗教的経験のポリティクス』京都大学学術出版会 474pp.
1993
『実践宗教の人類学―上座部仏教の世界』京都大学学術出版会 437pp.
1991
Religious Traditions among Tai Ethnic Groups: A Selected Bibliography, Ayutthaya: Ayutthaya Historical Study Centre, x+262pp.
1989
『人類学的認識の冒険―イデオロギーとプラクティス』同文舘 420pp.
共編著書
2006
西井凉子・田辺繁治編『社会空間の人類学─マテリアリティ・主体・モダニティ』世界思想社 454pp.
2002
田辺繁治・松田素二編 『日常的実践のエスノグラフィ─語り・コミュニティ・アイデンティティ』世界思想社 372pp.
2002
Tanabe, Shigeharu and Charles F. Keyes (eds.) Cultural Crisis and Social Memory: Modernity and Identity in Thailand and Laos, London: RoutledgeCurzon, xii+312pp.
1984
Turton, Andrew and Shigeharu Tanabe (eds.) History and Peasant Consciousness in South East Asia, Senri Ethnological Studies, No.13, Osaka: National Museum of Ethnology, vi+420pp.
主要論文
2008
「コミュニティを想像する─人類学的省察 (学会賞受賞記念論文)」『文化人類学』73(3): 289-308.
2008
「生政治とコミュニティ―タイにおける保健医療の変貌」『大谷学報』87(2): 1-23.
2008
「今村『時間論』と生社会コミュニティ」『東京経大学会誌 経済学』259: 260-248.
2008
‘Introduction: imagined and imagining communities’. in Shigeharu Tanabe (ed.) Imagining Communities in Thailand: Ethnographic Approaches, Chiang Mai: Mekong Press, pp.1-19.
2006
「生社会における未来性―北タイのエイズ自助グループ」『哲学論集』53: 65-79.
2006
「ケアの社会空間─北タイにおけるHIV感染者コミュニティ」西井凉子・田辺繁治編『社会空間の人類学─マテリアリティ・主体・モダニティ』世界思想社 pp.372-394.
2006
「アイデンティティはモダニティの彼方に─北タイの霊媒カルトと美的再帰性」竹沢尚一郎編『宗教とモダニティ』世界思想社 pp.221-247.
2005
‘Thatsana “chumchon” kap kanpokkhrong chiwayan: amnat thi sonren nai satharanasuk thai (「コミュニティ」概念と統治性―タイの公衆衛生における隠された権力)’, Ratsatsan (Political Science Journal, Thammasat University) 27(1): 1-39.
2005
「コミュニティ再考─実践と統治の視点から」『社会人類学年報』2005: 1-29.
2004
「夢と憑依─宗教的体験から日常世界へ」池上良正他編『言語と身体―聖なるものの場と媒体』(岩波講座宗教5巻)岩波書店 pp.211-242.
2002
「日常的実践のエスノグラフィ─語り・コミュニティ・アイデンティティ」田辺繁治・松田素二編『日常的実践のエスノグラフィ─語り・コミュニティ・アイデンティティ』世界思想社 pp.1-38.
2002
‘Wittgenstein and the anthropological imagination’, Ratsatsan (Political Science Journal, Thammasat University) 23(1): 45-76.
2002
‘Introduction’, in Shigeharu Tanabe and Charles F. Keyes (eds.) Cultural Crisis and Social Memory: Modernity and Identity in Thailand and Laos, London: RoutledgeCurzon, pp.1-39.
2002
‘The person in transformation: body, mind and cultural appropriation’, in Shigeharu Tanabe and Charles F. Keyes (eds.) Cultural Crisis and Social Memory: Modernity and Identity in Thailand and Laos, London: RoutledgeCurzon, pp.43-67.
2002
「再帰的人類学における実践の概念─ブルデューのハビトゥスをめぐり、その彼方へ」『国立民族学博物館研究報告』26(4): 533-573.
2000
‘Memories displaced by ritual: cognitive processes in the spirit cults of northern Thailand’,『国立民族学博物館研究報告』24(4): 707-726.
2000
‘Autochthony and the Inthakhin cult of Chiang Mai’, in Andrew Turton (ed.) Civility and Savegery: Social Identity in Tai States, London: Curzon, pp.294-318.
1999
「自己統治の技法─北タイのエイズ自助グループ」『上智アジア学』17: 119-145.
1999
‘Suffering and negotiation: spirit-mediumship and HIV/AIDS self-help groups in northern Thailand’, Tai Culture (Berlin) 4(1): 93-115
1998
「儀礼的暴力とその身体的基礎―北タイの供犠と憑依について」田中雅一編『暴力の文化人類学』京都大学学術出版会 pp.107-138
1997
「実践知としての呪術―北タイにおける憑依の身体技法覚書」『民族學研究』62(3): 394-401
1997
「苦しみと人間の可能態─北タイにおける霊媒カルトとHIV感染者グループ」船曳健夫編『新たな人間の発見』(岩波講座文化人類学1巻)岩波書店 pp.181-212
1995
「アジアにおける宗教の再生─宗教的経験のポリティクス」田辺繁治編『アジアにおける宗教の再生-宗教的経験のポリティクス』京都大学学術出版会 pp.3-29.
1995
「精霊祭祀の再構築─北タイの職業的霊媒カルト」田辺繁治編『アジアにおける宗教の再生─宗教的経験のポリティクス』京都大学学術出版会 pp.195-229.
1995
‘Ngan wicai choeng manutsayawitthaya khong yipun nai rueang chonphao thai (日本におけるタイ民族集団についての人類学的研究)’, Bunpha Milinthasut lae Charuwan Phromwang-Champhet (eds.) Kansueksa watthanatham chonchat thai (タイ民族集団の文化研究), Bangkok: National Agency of Culture, pp.299-309. (タイ語)
1993
「実践宗教の人類学―上座部仏教の世界」田辺繁治編『実践宗教の人類学―上座部仏教の世界』京都大学学術出版会 pp.3-32.
1993
「供犠と仏教的言説―北タイのプーセ・ヤーセ精霊祭祀」田辺繁治編『実践宗教の人類学―上座部仏教の世界』京都大学学術出版会 pp.35-70.
1993
「稲魂(クアン・カオ)の行方―北タイの稲作儀礼」佐々木高明編『農耕の技術と文化』集英社 pp.625-647.
1993
‘Bukkhon nai krabuankan klai saphawa: rangkai jitjai lae kanyaengyua thang watthanatham(転換する人格─身体、心および文化的占有)’, Sueksasatsan (Jounal of Education, Chiang Mai University)21(2): 23-52. (タイ語)
1992
‘Kho khit hen rueang ton bun latthi phra sian lae latthi f-nfu satsana nai lanna(ラーンナーにおけるトン・ブン、千年王国主義、復興主義に関する問題点)’, Witthayalaikhru Chiang Mai (ed.), Phutthasatsana kap sangkhom lanna (仏教とラーンナー社会), Chiang Mai: Chiang Mai Teacher's College, pp.157-163. (タイ語)
1991
‘Spirits, power, and the discourse of female gender: phi meng cult of northern Thailand’, in Manas Chitakasem and Andrew Turton (eds.) Thai Constructions of Knowledge, London: School of Oriental and African Studies, pp.183-212.
1989
「人類学的認識の冒険」田辺繁治編『人類学的認識の冒険―イデオロギーとプラクティス』同文舘 pp.3-29.
1989
「民族誌記述におけるイデオロギーとプラクティス」田辺繁治編『人類学的認識の冒険―イデオロギーとプラクティス』同文舘 pp.95-119.
1988
‘Spirits and ideological discourse: the Tai Lü guardian cults in Yunnan’, Sojourn (Singapore) 3(1): 1-25.
1987
「オーウェルと失敗した供犠」『民博通信』37: 48-55.
1985
「死、そしてイデオロギー的死―ラーンナータイの葬送儀礼」石川栄吉・岩田慶治・佐々木高明編『生と死の人類学』講談社 pp.59-87.
1985
「一九世紀イングランド農村の子ども労働―野生としてのギャング」岩田慶治編著『子ども文化の原像』日本放送出版協会 pp.703-732.
1984
「神々の弁証法―タイ・ルー族の守護霊儀礼」佐々木高明編『雲南の照葉樹林のもとで』日本放送出版協会 pp.131-172.
1984
‘Ideological practice in peasant rebellions: Siam at the turn of the twentieth century’, in Andrew Turton and Shigeharu Tanabe (eds.) History and Peasant Consciousness in South East Asia, Senri Ethnological Studies, No.13, pp.75-110.
1980
‘Farming technology in the deep flooding area of the Chao Phraya delta: a case study in Ayutthaya’, 『東南アジア研究』17(4): 658-707.
1979
‘Rice-growing technology and land tenure in the Chao Phraya delta: a case study in Phakthan, Singburi province’, in Masuo Kuchiba and Leslie Bauzon (eds.) A Comparative Study of Paddy-growing Communities in Southeast Asia and Japan, Tokyo: Toyota Foundation.
1978
「ラーンナータイ農村における環境認識―生活空間と守護霊儀礼をめぐって」石毛直道編著『環境と文化―人類学的考察』日本放送出版協会 pp.81-132
1978
「チャオ・プラヤー・デルタ公田(na luang)考」藤岡謙二郎先生退官記念事業会編『歴史地理研究と都市研究』大明堂 pp.66-78.
1978
「Lannathai (北タイ)の水利形態に関する考察-müang fai をめぐる2、3の問題」加藤泰安・中尾佐助・梅棹忠夫編『探検・地理・民族誌─今西錦司博士古希記念論文集』中央公論社 pp.181-223
1978
‘Land reclamation in the Chao Phraya delta’, in Yoneo Ishii(ed.), Thailand: A Rice-Growing Society, Honolulu: University of Hawaii Press, pp.40-82.
1977
‘Historical geography of the canal system in the Chao Phraya river delta from the Ayutthaya period to the fourth reign of the Ratanakosin dynasty’, Journal of the Siam Society 65(2): 23-72.
1976
「ノーン・プラーマンの灌漑体系―北部タイ・ランナータイ農村の民族誌的研究 (1)」『国立民族学博物館研究報告』1(4): 671-777.
1975
‘Kanchonprathan ph-a kankaset nai prawattisat thai(タイ経済史における灌漑農業)’, Warasan thammasat (Thammasat University Journal, Bangkok) 5(2): 80-94. (タイ語)
1973
「雲南シップソーン・パンナーの統治形態に関する一考察─ルー族の政治組織と土地制度を中心に」『季刊人類学』4(1): 131-165.
1973
「Chao Phraya デルタの運河開発に関する一考察II─19世紀末葉における変容過程」『東南アジア研究』11(4): 191-222.
1973
「Chao Phraya デルタの運河開発に関する一考察I─Ayutthaya 朝からRatanakosin 朝四世王治世まで」『東南アジア研究』11(3): 14-48.
1972
「タイ旧制度下の国家領域に関する一考察」『東南アジア研究』10(2): 246-270.
1972
「タイにおける国家領域の成立過程-チャクリー改革期を中心として」『史林』55(6): 739-779.

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 共同研究「実践コミュニティの再検討」(1999)
  • 科研「都市化環境における実践コミュニティの人類学的研究」(1998-1999)

受賞歴

  • 1978 第9回澁澤賞(日本民族学振興会)
  • 2008 第3回日本文化人類学会賞(日本文化人類学会)

関連ページ

退職記念講演(2004.02.18) 「夢と憑依の人類学