国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

客員教員・特別客員教員

※2013年度に受入れた客員教員・特別客員教員※(2021年06月23日現在)

客員教員

STIRK, Ian Christopher(元大阪大学世界言語研究センター 外国人教師)
先端人類科学研究部/文化動態
「対照言語学の研究」
中山京子(帝京大学文学部 教授)
先端人類科学研究部/応用民族学
「文化人類学と教育をつなぐ国際理解教育」
山内直樹(山内編集事務所 代表)
先端人類科学研究部/応用民族学
「広報誌のあり方に関する研究」
平井康之(九州大学大学院芸術工学研究院 准教授)
文化資源研究センター/民族学応用教育
「博物館におけるインクルーシブデザインの理論と方法に関わる実践研究-国立民族学博物館をフィールドとして」
中村嘉志(国士舘大学理工学部 准教授)
文化資源研究センター/民族学応用教育
「インタラクティブセンシングのアプローチによる学術資料の情報提供に関する方法論的研究」

特別客員教員

末成道男(東洋大学アジア文化研究所 客員研究員)
先端人類科学研究部/社会環境
「東アジアにおける祖先祭祀の変動に関する人類学的研究」
古谷嘉章(九州大学大学院比較社会文化研究院 教授)
先端人類科学研究部/社会環境
「現代社会における先史文化の物質性についての研究」
森山工(東京大学大学院総合文化研究科 教授)
先端人類科学研究部/社会環境
「葬制と遺体の「所有」に関する人類学的研究」
山本直美(関東学院大学キリスト教と文化研究所 客員研究員)
先端人類科学研究部/社会環境
「現代日本におけるマイノリティの共同性と個人のライフデザイン」
山田孝子(京都大学 名誉教授)
先端人類科学研究部/文化動態
「多文化空間におけるミクロ・リージョナル共同性構築・維持」
佐々木利和(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 教授)
先端人類科学研究部/文化動態
「民族学博物館におけるアイヌ文化展示の研究」
陳天璽(早稲田大学国際教養学部 准教授)
先端人類科学研究部/文化動態
「アジアの移民・ディアスポラ研究」
関本照夫(東京大学 名誉教授)
先端人類科学研究部/応用民族学
「布と人間の人類学的研究」
市田泰弘(国立障害者リハビリテーションセンター手話通訳学科 主任教官)
先端人類科学研究部/応用民族学
「日本手話の特徴をふまえた手話言語学教授法に関する研究」
関根政美(慶應義塾大学法学部 教授)
先端人類科学研究部/応用民族学
「多文化主義の実践と現代的問題に関する国際社会学的研究」
沢山美果子(岡山大学大学院社会文化科学研究科 客員研究員)
先端人類科学研究部/応用民族学
「近世における「家」と女の身体・子どものいのちの社会史」
関根久雄(筑波大学人文社会系 教授)
先端人類科学研究部/応用民族学
「「感情」からみるオセオニア島嶼国の近代化-ソロモン諸島における開発の事例から-」
曽我亨(弘前大学人文学部 教授)
先端人類科学研究部/応用民族学
「グローバル化する現代社会における生業の意義」
清水郁郎(芝浦工業大学工学部 教授)
先端人類科学研究部/応用民族学
「東南アジアにおける木造建築建設にかかわる比較研究」
大杉豊(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 准教授)
先端人類科学研究部/応用民族学
「手話言語学に関する研究ネットワーク拠点の形成」
前川啓治(筑波大学大学院人文社会科学研究科 教授)
文化資源研究センター/民族学応用教育
「グローバリゼーションから視る組織文化の比較研究」